国民年金の未納・免除期間を最大5年間埋める任意加入制度

マネー

未納や学生納付特例で免除していて追納期限が超えている場合、最大納付年数40年間に満たず、受給額が減ってしまいます。

そんな方に朗報です。60歳から65歳のあいだに最大納付年数40年を上限に、5年間分埋め合わせることが可能です。この制度を「任意加入制度」といいます。

任意加入制度|日本年金機構

デメリットは、その当時の国民年金の保険料額で支払う必要があるということ。(国民年金の保険料は過去の方が安いため、その分多く支払うことになります)

学生納付特例で免除された年金の追納はお得
学生納付特例と追納とは 国民年金は20歳から支払いの義務が生じますが、学生の場合は納付が猶予されます。 当然ながら将来の年金受給額は下がりますが、10年間であればさかのぼって支払うこと(追納)が可能です。 追納のメリット 国民年...

60歳以降にも高額の収入が得られる人は、国民年金支払い分の所得控除による節税額が大きくなるので、得になる可能性もありますね。

コメント